定番スウェッティー屋

着まわしが効いて便利な定番アイテムをコーディネートテクとともにご紹介いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーカー・ロンT

パーカー・ロンT




これからの季節にこれ1枚で着れるロンTです。

フロントの大きな切り替えしがとてもカッコイイです。

胸にオールドイングリッシュで書かれた文字がかなり目を引きます。

パーカー部分の裏側の色が違うのでさりげなく見せてもおしゃれにキマリます。

画像のロンTの通常価格は6900円なのですが

今回特別割引価格で4900円です。

人気商品で数に限りがあるのでお早めに・・・




画像のパーカー・ロンTについての詳細は

ココをクリック!!!








画像のパーカー・ロンTについての詳細は

ココをクリック!!!








画像のパーカー・ロンTについての詳細は

ココをクリック!!!



スポンサーサイト

テーマ:かっこいいTシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

デザイン・ロンT

デザイン・ロンT

img10331756296.jpg


画像のデザイン・ロンTの詳細はココをクリック!!!

こういうロング・Tシャツは着まわしが利くから便利ですよね!

もちろん、私もたくさん持っているんだけど、

皆さんはどうですか?

重ね着上手な人はおしゃれな人が多いけど、こういうロンTをたくさん持っていたりするものです・・・(自画自賛?w)

このロング・Tシャツなら、テーラード・ジャケットなんかとの組み合わせにも着れるし、普通のダウン・ジャケットの下に着てもイイ感じですわよ♪

【豆知識】

テーラードジャケットとは紳士服仕立てされた上着のこと。背広型の上着を総称する場合も多い。

テーラードジャケットは紳士服を仕立てる方法で作られた女性用の服。やわらかい婦人服の仕立て方に対する呼び方でもある。襟に特徴があり、かっちりとした印象を与えるジャケット。立体的な上着の形を作り出すため、あらかじめそれぞれのパーツごとに型紙を作り、裁断し組み合わせ縫い合わせることで、計算されたシルエットが作り出される。外見からはうかがい知れないが、表地・裏地・芯など幾重にも布が重ね、デザイン性と耐久性をUPさせている。

参照:All About

画像のデザイン・ロンTの詳細はココをクリック!!!

テーマ:かっこいいTシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

パーカー・ロンT 4900円

img10331830390.jpg


記事のパーカー・ロンTについての詳細はここをクリック

気軽に着れるパーカー・ロンT・・・

せっかく買うなら、カッコイイもので、合わせやすいものを選びたい・・・

有名ブランドのものだと、結構高かったりするけど、

キチンとデザインを見て買えば、ブランドものにも負けないナイスなものが手に入る。

あとは、着方で重ね技さえ上手くなれば、怖いものなし。

( ̄0 ̄;アッ 難しく考えることないですよ!

いいものさえ買えば、ものが勝手にカッコよくなってくれますからね。

Lindsay Lohan (リンジー・ローハン)と一緒に歩こう!!!

lindsay-lohan-20050617045154856-000.jpg
Tシャツ姿だって、やっぱカワイイ♪リンジーたん♪

カジュアルな服装だって、彼女がすると激カワに変身しちゃうから、あら不思議・・・

そんな彼女の隣りで歩くとしたら・・・

あなただって気合入れないとw 
炎炎炎炎>(◇´*)ブオォォオ(*`◇)<炎炎炎炎 **;)/ヒィッ

網ニット+ボーダーロンT

img10331817256.jpg


画像のロングTについての詳細はココをクリック!

カジュアルだからこそ、ラフに着こなすこと必須の網ニット・ボーダー!

デニムとの相性は抜群で、ホントどんなのでも合うからいいですよね。

ビッグ・ネームのブランド物だと1万円ぐらいするけど、質や値段のことを考えると、画像のロングTはナカナカの一品だと思います!

テーマ:かっこいいTシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

Tシャツとは・・・



((このロングTについての詳細は画像をクリック!))

シャツ
人気blogランキングへ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャツ(英:shirt)は、上半身の体幹部に着用する衣類の一種。肌着として着用するもの(例:Tシャツ)と肌着の上に着用するもの(例:ワイシャツ)等に大別される。英語のshirtの語源は、古ゲルマン語のskurtaz(短く切る)である。たけが腰あたりまでしかない短めの衣類がこのように呼ばれており、skurtaz→scyrte(古英語)→shirte(中英語)→shirtと変化した。

歴史
シャツの起源は、古代ローマで着用されていたチュニックに遡るとされている。チュニックは、ひだ(スリット)の入った素材から成り、現代で言うワンピースのような形状の衣服であった。その後、両袖(そで)が付けられたものが着用されるようになったが、基本的に大きな変化がないまま中世に至った。

ヨーロッパ中世期には、ボタンや襟(えり)、袖口などが付加されるようになり、現代のシャツの形状に近づいてくる。当時、シャツを着用できるのは上流階級に限られていたとされている。また、シャツの前立ての男女差(男子用は左前、女子用は右前の別)も、この時期に由来すると考えられている。ルネサンス期になるとシャツの装飾化(フリルやスリットで装飾したシャツ)が貴族階級の間で流行した。

その後、シャツは簡素化への道を進み始める。フリル等の激しい装飾は次第に姿を消し、19世紀には現代シャツの形式がほぼ確立した。その背景には、ボタン使用の普及があるとされている。この時期に、シャツは上流階級だけでなく広く民衆が着用する衣服として定着していった。19世紀のシャツの特徴は多様な襟の形状が現れた点にある。それ以前は立ち襟が一般的だったが、非常に高い立ち襟が流行した後に、折り襟が初めて登場した。

20世紀に入ると、シャツの多様化が著しく進展した。シャツの種類の大部分は、20世紀以降に誕生している。現代では、ヨーロッパから発祥したシャツはほぼ全世界に普及し、人類の共通的な衣類となっている。

種類
シャツの種類は非常に多い。目的用途に応じて種類を選択することが必要である。

正統的なフォーマルなシャツには、ドレスシャツ・ワイシャツ・カラーシャツ・タートルシャツ(タートルネックのシャツ)等がある。
カジュアルでファッション性の高いシャツには、ボタンダウンシャツ・ポロシャツ・フランネルシャツ(ネルシャツ)・パターンドシャツ・ボディーシャツ(身体に密着するシャツ)・シースルーシャツ・スウェットシャツ・スモックシャツ等がある。
作業着として着用されるシャツには、ワークシャツ(作業用シャツの総称)・ファーマーシャツ(農夫向けシャツ)・ランバージャックシャツ(木材伐採向けシャツ)・ダンガリーシャツ(紺と白の綾織り綿シャツ)等がある。
スポーツ・レジャー用として着用されるシャツには、スポーツシャツ・レジャーシャツ・フィッシングシャツ・アスレティックシャツ・アスコットシャツ等がある。
民族的な色彩の濃いシャツには、アロハシャツ(ハワイアンシャツ)・バロンタガログ(フィリピンの正装シャツ)・カーターシャツ(北部インドのシャツ)・ダシキシャツ(アフリカ民族風のシャツ)等がある。
肌着として着用するシャツには、Tシャツ、丸首シャツ、ランニングシャツ等がある。
この他、カッターシャツ(襟とカフスが身頃に付けられたシャツの総称)、ブラウス(女性が着用するシャツ)などの種類がある。


身頃
体幹部を覆う部位を身頃(みごろ)という。前側を前身頃といい、背中側を後身頃という。ワイシャツ等では後身頃の上部(肩部)が別の布となっているが、これを肩ヨークという。肩ヨークから下に向かって折り目が付けられていることもあるが、これをターツという。

前立て
前側のうちボタンで合わせる部位を前立て(まえたて)又はプラケットという。前身頃とは区分される。前立ては、機能性よりもファッション性から幾つかの種類に分かれている。前立て部分の布が表側に折り返されたプラケットフロント(通常の形式)、前立てが二重となってボタンを隠すフライフロントなどがある。


首の周囲の部位を襟(えり)又はカラーという。中世に首輪状の布が付加されたことに由来する。襟には、通常の形式のレギュラーカラー、両襟の開きが狭いナロースプレッドカラー、両襟の開きが広いワイドスプレッドカラー、襟の先端を前身頃にボタンで留めるボタンダウンカラーなどがある。


腕を覆う部位を袖(そで)という。さらに手首を覆う部位を袖口(そでぐち)又はカフ(カフスとも)という。カフもファッション性により幾つかの種類に分けられる。

日本におけるシャツ文化
シャツは、江戸時代最末期~明治時代初頭の頃に日本へもたらされた。当時の日本人の一般的な服装は着物であったが、文明開化の名の下に(特に東京近辺において)洋装の導入が進み、シャツの着用も行われるようになった。ただし、民衆の一般的な服装はやはり和装であり、シャツ等の洋装を行う者は「キザ」「西洋かぶれ」というネガティブなイメージで見られていたようである。(夏目漱石の『坊っちゃん』にも嫌味な登場人物として「赤シャツ」が描かれている。)

その後、都市部では洋装が普及し、シャツの着用も一般的となっていったが、農村部においては太平洋戦争(大東亜戦争)期頃まで和装が普通であり、シャツはあまり普及していなかった。戦後は日本文化のアメリカ化が進み、農村部へもシャツを始めとする洋装が広がっていった。

日本における礼儀正しいシャツ(ワイシャツからTシャツまで含む)の着用方法は、裾(すそ)をズボンの中に入れることとされている。裾をズボンの外に出すことは、カジュアルの場であっても非常にみっともないことと長らく考えられてきたが、1980年代後期の頃から、カジュアルシーンにおいて、裾を外に出す着用形式が広まっていき、1990年代に入ると、カジュアルシャツ(ポロシャツやボタンダウンシャツ等)の裾を外出しすることは一般的となり、特にTシャツの裾をズボンの中に入れる形式はほぼ絶滅するまでに至った。

この項目「シャツ」は、調べものの参考にはなる可能性がありますが、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。

■[Tシャツ]
夏には欠かせないアイテム
半袖のものばかりでなく長袖のものも多いです
廉価なものも多いですがセンスのいい一枚を着たいもの

テーマ:かっこいいTシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。